ブログトップ

白髪の旅ガラス

<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

解決

 その昔、行商人から買う切り身の塩鮭は、焼けば塩分が中から吹き出し、梅干と同じ様な代物であった。海の魚は、塩辛い海水の中で生息しているから、その肉も塩辛い。近くの川で獲れる山女は、真水の中で泳いでいるから、その肉は淡白で塩を振って味を付ける。テレビも無く、文字も読めず、海を知らないで育った田舎の子供は、かように考えた。

 食糧の保存に冷蔵庫が当り前の現在、塩鮭と甘鮭のどちらも手に入るから、過剰な塩が切り身に振ってあったのは、人の手が保存を目的に加えたことであったと理解できる。同じ様に、冬の漬物で薄味のタクアンは美味しいが、春先には味が変わり、長く保存しようと思えば、どうしても塩辛くなるのは、仕方のないことであろう。

 ところで、生物の長期保存に塩が適していることを、発見した人は偉い。また、それを商売に利用した人は、更に賢い。海水中や陸中に無尽蔵に眠る塩ながら、それを勝手に扱ってはいけないとして、国が独占的に扱う専売制度は、更に巧みな仕組みである。

 周囲を海に囲まれた国では、塩は何処でも生産することが可能な筈だが、生産する組織を限定し、価格と販売網を独占した真の狙いは、何であったろうか。塩の生産や販売が自由競争になった場合に想定される、海に面した地方自治の経済力の強化に対し、中央政府の弱体化を恐れたのか、或いは、塩の腐敗防止効果が、権力の長期保存に効くことも、多少は想定していたのかも知れない。

             価値のある 塩も燃やせば 猛毒に
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-30 23:39 | 随筆 | Comments(0)

難問

 突然、塩と地球温暖化の関係を、素人に判り易く説明してくれないかと言われ、コンサルの男は下を向いた。そこには磨り減った床が光るだけで、何のヒントもなかったが、何も知らない表情を、信じて疑わない相手に、見せる訳にはいかなかった。

 潔く、判らないと答えることもできるが、今後の影響を考慮すれば、男なりの答えを出すしかなかった。そこで、一呼吸を置くと、予め承知していた知識を掻き集め、さも探りあてたように手を打って、ゆっくり言葉に替えた。

「その昔、海水は真水であったそうな。それが蒸発して雨になり、陸地の塩素とナトリウムを溶かして、海に運んだ。海から蒸発するのは水だけで、海水中には塩素とナトリウムが結合した塩が、その濃度を増していった。塩を多量に含む海水は重たくて、海の底へと沈んでいった。それを埋める軽い海水が、南の海から移動して、そこから地球の温暖化が進んだそうな」

 自信たっぷりの回答に、難問を投げた相手は、口を開けたままであった。温室効果ガスが地球温暖化の源と言われている最中、その起源に遡って平然と説明する男に呆れたのか感心したのか、男の耳に相手の言葉は届かなかった。


梅雨時の 額に垂れる 霧と汗 
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-29 20:46 | 小説 | Comments(0)

試験

 講師の話を聞いて、何となく判ったつもりでも、自分で試みれば、明確に理解していないことに気付くこと、意外に多いものです。右の耳から入った情報、脳内で速やかに処理はされるのですが、記憶に留める必要性が有るのか無いのか、その判断基準が無い場合には、無駄な情報と見做され、左の耳から速やかに排出されるのでしょう。

 そもそも、新しい判断基準を学ぶ目的で、セミナーを受けている筈ですが、これまでの判断基準で情報の選択が行われてしまい、大半が不要な情報となってしまう。その結果、脳内には処理するものが皆無となり、自然と瞼が重くなります。

 けれど、試験にも出る重要な点であることを講師が強調すれば、その情報が脳を眠りから醒まし、受講生は組んだ腕を解して、何一つ聞き漏らすまいとメモを取り始める。この作業が、記憶を脳内に留めることを、さらに効果的にするのです。

 聴覚情報を視覚情報に替えないで記憶できる人も居るでしょうが、大半の人が情報を視覚化し、さらに後で理解度を試験されることが意識されたら、より確かな記憶のレベルとなり、長らく脳内に留まることになりましょう。


             仕舞い過ぎ 取り出す時を 忘れたり
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-27 20:14 | 随筆 | Comments(0)

缶詰

 一度に大勢の人を移動させることができる電車は、発着時間も正確で便利なものだ。けれど、同じレールの上を走るから、何等かの理由で先の電車が停まれば後続の電車も停まるしかない運命にある。

 バスや船と違い、追い越しのできる箇所は駅に限られているから、車輌故障や人身事故あるいは急病人が発生する都度、駅と駅の間で停まった車輌では、多くの人が長いこと車内に閉じ込められてしまう。

 新幹線や特急列車のように、各車輌にトイレがあれば用も足せるが、近距離や中距離の電車には、それは無いに等しい。着く筈の時刻から二時間以上も車内に閉じ込められて居れば、あちらこちらで生理的な緊急事態が発生していよう。

 便利な電車が抱える不便な事態はやむを得ないが、中距離電車でも新幹線と同様、全ての車輌にトイレを整備することは、無理な願いであろうか。それが無理なら、二輌に一輌は、生理現象に対処する設備の用意、サービスとして当り前と考える。
d0052263_12404213.jpg


             梅雨空に 咲いたコスモス 夏飛ばし
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-26 12:41 | 随筆 | Comments(0)

命綱

 最近のモダンなビルディングは、外壁にガラスを多用する。地上から五十メートルの外壁に嵌め込まれたガラス窓を拭く男は、高所に恐れを感じる脳内センサを、何処かに忘れてきたのだろうか。白くピンと張った作業綱に身体をあずけ、隣の赤い安全綱が暇そうに揺れているのも苦にしない。

 洗浄液の入ったバケツを座板に吊り下げ、そこへT字型の幅広モップを右手で浸し、ガラスの右から左へモップを上下させて汚れを落とす。左端まで行くと濡れたモップをバケツに戻し、腰ベルトに提げた皮の鞘から水切りを取り出して、左から右へ水切りを上下に滑らせて仕上げ工程に入る。

 ガラス窓は大きく、一往復で窓拭きは済まない。右端に着いたところで、ためらうことなく身体をグッと落とした。腰のあったところへ、頭を瞬時に移動させるものだから、向かいの建物から見ている男の肝を冷やす。そこで再び、右から左へ濡れたモップで汚れを落とす作業を繰り返した。

 暇そうに見物する男の顔がガラスに映ったのであろうか、窓拭きの男は濡れたモップをバケツに納め、窓の方を向いたまま、右手を挙げて親指と人差し指で丸を作る。それこそ命懸けの高所で、命綱が切れることを疑うこともなく、余裕を持って作業する男に比べれば、床や地に足を着いて行う作業など楽なもの。背を見せる窓拭きに、男は深々と頭を下げた。


無駄の無い プロの仕事に 時忘れ
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-23 14:20 | 小説 | Comments(0)

茶番劇

 底の見え透いた、馬鹿げた出来事を、茶番劇と言う。複雑な状況が多く、先の見えない世の中だから、それも時として必要なのかも知れない。行く末を見ようと考え過ぎれば、脳が疲れる。見るだけで白黒が判る時代劇は、目を開けていながら脳が休まる、疲労回復剤であろう。

 いかにも人相の悪い役人が、その権力を巧みに利用して、村人から金品を巻き上げる。差し出すものが無くなった家では、一人娘を売りに出すしかなかった。その娘には、将来を誓った許婚が居たが、役人に仕組まれた賭け事に手を出し、逃げるように村を後にする。そうとは知らない娘は、自分を連れて逃げてくれる男の約束を、今夜こそはと待ち侘びた。

 その晩のこと、旅の途中で陽が暮れて、宿を探していた男は、娘の住む家から洩れる明かりを頼りに申し出る。
「夜分、失礼ながら、一晩泊めて下さらんか。それが駄目なら、どこか夜露を凌げる納屋なり、軒先でもお借りしたい」

 こうして、貧しい村人と旅の男が出会い、事情を聞いた男は、悪い役人を見事な剣捌きで退治し、そのまま村を去って行く。娘は、当てにならない許婚のことなど忘れ、その男の後を追う。けれども、村外れまで早足で行ったところで、男はふわりと空に舞い、カアと一声鳴いて飛び去って行く。その鳴き声に、昔助けたカラスのことを瞬時に想い出した娘は、複雑な思いに膝を崩した。

               結末を 知って何度も 読み返し
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-21 17:21 | 小説 | Comments(0)

感謝

 人をはじめ地球上の動植物は、自分だけで存続することはできない。植物性プランクトンは太陽の力を借りて育ち、それを動物性プランクトンが餌にする。それをまた、小魚が餌に成長したところで、大きな魚や人が頂く。

 人も頂くばかりではなく、いずれは土に帰って、微生物の養分になる。間違いなく誰もがそうなるが、子孫を残して置かないと種の保存はできない。それは、小魚やプランクトンにも言えることだから、餌になる種を絶滅させてしまえば、人もやがて絶えることになる。

 人は食物連鎖の一部で生かされているが、他の人に世話になることも欠かせない。それが同僚であったり、部下であったり、時には上司であったりする。良かれ悪しかれ、単独では存続できない定めだから、不満を持ちながらも運命を共にすることも多くあろう。

 しかしながら、苦しい時に救いの手を差し伸べてくれた人は、生涯忘れてはいけない。幾らか息を吹き返した時に、批判したいこともあろうが、それは今が在るからであり、当時の感謝の想いは、目先の評価を上回る事になろう。それを忘れた人は、人でなしと呼ばれても仕方あるまい。

今在るは 自力だけとは 思うまい
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-20 18:44 | 随筆 | Comments(0)

濡れ葉

 多少遅れたが、暦どおりの梅雨になる。出来る事なら、水源地の山々に、雨を充分落として欲しいものだ。さもなければ、雪の少ない冬であっただけに、既に水瓶の底が見えてきて、これから迎える夏場を乗り越えられるか、不安な地域も出始めている。

 ところで、子供の頃の梅雨は嫌いであった。生糸の値が高い時代であったから、お蚕様と呼び、春先から秋口まで、桑の葉が成長する間は、多くの農家で蚕を育てて繭を売る。蚕は、雨に濡れた桑の葉を食わないから、それを家中に掛けて干す。それが顔や手に触れ、蚕に家を占拠された気分になったものだ。

 考えてみれば、桑の葉を餌に蚕を育て、その繭から生糸を作り、着物をこしらえるのだから、よくよく環境を配慮した仕事であった。それが、石油で造られる糸に取って替わられたから、お蚕様も死後になり、濡れた桑の葉が顔に触れることなど、今では遠い昔の話である。

 最近になり、我が国の首相は、2050年までに、二酸化炭素の排出量を半減すると宣言した。その姿勢は評価できるが、具体的な方策の準備、その計画性が見えないから、当てにはならない。かつて、石油に頼らない糸を供給していた養蚕農家のあったことや、今でも再開できる環境はあるが経済が許さないことを、進言できる参謀の存在が必須であろう。
d0052263_1859781.jpg


                      梅雨入りし 安堵して泣く 予報士も  
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-18 19:00 | 随筆 | Comments(0)

言葉の旅

 バルブの産地として有名な彦根、国宝の城が見下ろす城下町を出たのは、午後四時少し前のことであった。いつもと町の風景が違って見えたのは、訪れた時間帯の差であろうか。それとも、今回の訪問がコンサルではなく講師であったことかも知れない。両者とも同じ人物だから、差の出しようもないが、役務提供のコンサルと有り難い話が期待できる講師とでは、相手に与える重みが異なるようである。

 会場を出たのはコンサル時より早い時刻であったが、南彦根駅で在来線を待つこと三十分余り、米原駅では待つこともなくこだまに乗り換え、京都駅でも十数分待つだけでのぞみに乗り換えた。岡山駅についたのが十八時であったから、二時間余りの移動時間、同じ時間を掛けたなら、倍近い距離の東京駅に着いている頃かも知れない。

 東京中心が良いとは思わないが、東京から離れるのに比例し、移動の手段が遅くなるのを実感した。それが幸いし、都心の悪影響を受けず、地方の貴重な文化を継承することが可能になっているのだろう。その例として、彦根では京都の優しい言葉に親しみ、岡山ではのんびりとした素朴な言葉に心を許すことができる。

 こうして、講師から再びコンサルに変身するカラスは、群馬北部の山村育ち。「ひ」の発音が出来ず「し」と話し、「だんべえ」を語尾に、女性が「俺」と口にしても違和感がない。かような男言葉が中心の文化を身に付けているから、彦根や岡山で耳にする言葉は優しく、皆々善人に思えてくるから、心休まる言葉の旅となった。

                         水稲に 先に失礼 麦畑 
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-17 15:17 | 随筆 | Comments(0)

 二十歳になれば国民年金を納め始め、組織に入れば厚生年金を給料から引き落とされ、六十五歳から支給される年金は、四十五年間も積み立てた老後の備え、将来の支給が危うい状況にあることは俎上に乗っていたが、納めた記録も危うく、資格が発生しても支給されない場合があるとは、呆れた話である。

 こんな組織にはISO9001を導入し、第三者が品質管理の仕組みを、定期的に審査することが必要であろう。名前の入力を間違う初歩的な問題や、管理台帳そのものを紛失してしまう粗末な記録管理の状況とは、何が原因であろう。間違いを正す応急処置は当然のことながら、その源を探って再発を防止する恒久的な処置を、当事者は真剣に検討しているのであろうか。

 銀行の預金通帳と同じ様な仕組みであれば、年金を納める本人が、入金の記録も残高も随時確認できるから、かような事態にはならない。年金手帳は、資格取得の場所と日付だけで、明細を知る情報は何もないから、即刻切り替えるべきである。入力や台帳の管理が機能しているか否か、組織の内部監査に加えて、第三者の審査も行う必要があるが、最も重要な解決策は、年金を納めている者が、いつでも手軽に預金残高と支給予定額を照会できるようにすることであろう。

 それにしても、年金の掛け金を預かり、その記録が不正確であったり無かったり、資格があっても支給しない状況は、ネズミ講に似た詐欺事件の発覚であるから、犯罪として関係者を罰することも必要である。例えば、責任を果たさなかったばかりか、詐欺に加担した関係者に対し、過去に遡り退職金の返上や年金の支給停止などが妥当であろう。真面目に年金を納め続ける一人として、公務員の仮面を被った年金預かり詐欺を見逃すわけにはいかない。

                年金に 頼らぬ者が 音頭とり
[PR]
by tabigarasu-iso | 2007-06-16 00:51 | 随筆 | Comments(0)