ブログトップ

白髪の旅ガラス

水田の王様

 田で暮らす水棲昆虫のタガメは、体長が七センチメートルもある昆虫の王様。たかが昆虫ですが、雌が稲に卵を産み終えると、雄は卵が孵化するまでその場を守り、やがて孵化した幼虫が一斉に水中へ落ちると、その先には落下を予見した雄が待って守るのです。自分が生んだ子供すら、まともに保育できない人間には、是非とも見せてあげたい場面でしょう。

 海に棲む亀は海亀、山に棲む亀は陸亀、田に棲む亀は田亀、それに姿が似ているところから、昆虫なのにタガメと名付けられたらしいのですが、定かではありません。水中を動く獲物が立てる波を察知し、鋭い鎌に似た前脚で捕獲すると、蛙さえ食べてしまいます。その幼虫が田に撒く農薬に弱く、今は絶滅の危機にあるとのことでした。どうりで、目にすることが少ない筈です。農家の方には申し訳ないことですが、田に撒く除草剤などを、減らすことはできないものでしょうか。こうした昆虫の種の保存は、人類の存続にも重要なことですから、無農薬は難しいかもしれませんが、減農の努力に期待したいものです。

 ところで、水棲昆虫にも拘わらず、タガメは冬を越すため、雑木林の枯葉の下に潜り込んでいるではありませんか。してみると、その姿を我等の子孫に見せてあげるには、水質を守るだけでなく、腐葉土の保全も必要なことが判ります。そのためには、田の近くに林があることが必要な条件になりますので、環境保全の輪を水質から土壌にまで広げる必要性を、改めてタガメに教えて貰いました。

 画像は、筆より事実を強烈に伝えます。タガメが蛙の腹に針を刺し、麻酔の液で無抵抗にしてから肉を溶かして、その汁を吸い取る映像は、息を呑むほど残酷でした。が、それほど力のある大型の水棲昆虫であっても、幼虫の時代には農薬に勝てません。同じ様なことが、メダカやタナゴなどの淡水魚にも言えるでしょう。今後も、水田を棲みかにする動物達が居る限り、我々も安心してお米を口に入れることができることを忘れず、食の源流から環境保全、それに食の安全を確保したいものです。

産み落とし 後は任すと 雌は去る
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-28 20:57 | 随筆 | Comments(0)

環境ビジネス考

 その昔、流れる川の水はもとの水にあらず、一尺流れたら清くなると言われておりました。豊かな自然の循環があり、その回復力は無限にあると信じられていた昔々、まさか、ビジネスに環境を冠する時代が到来するとは、誰しも想像しなかったことでしょう。

 ところが、流れる川の水を、魚や微生物に相談もせずに、人の勝手な判断だけで、汚水の通り道と決めてから、飲める川の水に遭遇できる機会は、非常に少なくなりました。そこに着眼して開始されたのが、今は当たり前になった自然水の商売です。

 これを、環境ビジネスとして位置づけても問題はないのでしょうが、環境を配慮したビジネスとしては、如何なものでしょうか。自然界が生み出した資源を利用するだけで、その再生機構に手を貸さないビジネスは、後の利用を考慮しない従来型のビジネスであり、自然水を保つ森の育成まで視野に入れた、循環型ビジネスが正道と言えましょう。

 それでは、環境に負荷ばかり掛けるビジネスの当事者は、心穏やかではありません。環境を配慮したビジネスの方向性には賛同できても、方向変換が当面できそうもないからです。まずは、身近なところ、製造コストの低減から始めましょうか。これも立派な環境コスト削減ビジネス、略して環境ビジネスではありませんか。

ミツバチに アシナガバチと スズメバチ 巣作り競う 同じ屋根した
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-25 17:10 | コンサルサービス | Comments(0)

何杯飯を食えるものか

 人は、一生の間に何杯の飯を食う。百歳まで生きて、十万杯。その為に働くだけなら世話のない動物だが、あれこれ考え望むから、やっかいな動物になる。

 広い部屋で、綺麗な服を着て、美味しい食物を好きなだけ食べ、可愛い子に恵まれ、それに社会的な名誉まで望む。中には億万長者になり、政治家になり、学者になり、歌手になり、俳優になり、稀にコンサルとなって多くの人に注目される。それでも、口にする飯の回数は大して変わらない。そのことを知れば、何の為に生きるのか、他に考えを及ぼすのも当然のことである。

 一方で、同じ地球に生まれながら、まともに飯を食えない人が、大勢いることを忘れてはいけない。それも、食糧事情が悪い地域に集中するから、悲劇そのもの。成人するまで生きながらえることもなく消えていく人のことを考えれば、必要もないのに習慣で飯を食う愚を改めたいものである。

 そうこう言うだけでは仕方ないから、五万八千三十五杯目の夕飯を、旅ガラスは抜くことにした。それも一過性でなく、一日三食を二食に改める『二食党』を立ち上げ、その初代の党首となり、党員の拡大に努め、過食と食料難のアンバランス是正に貢献したい。

草の丈 先行く犬を ためらわせ
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-24 00:07 | 随筆 | Comments(0)

 葡萄、梨、柿、栗、薩摩芋、里芋、ジャガイモ、秋刀魚、大根、白菜、こうして秋の実りを連ねただけで食欲が湧き、店頭に並べば好物を選んで購入します。けれども、コンサルティングサービスのように、形の無いものを選んで利用して貰うのは、そう簡単な事ではありません。

「当社のコンサル、他社より多少辛味が効き、経営の中に浸透し、血や肉を刺激して、会社の成長を促す香辛料であり、ビタミンですよ」
 食べてみないと味が判らない、その一つに梨がありますが、それでも色、形、艶から、ある程度の推測ができます。それに比べ、コンサルの旨味は、言葉でも説明文でも、利用する側との相性もありますから、容易に判断できません。

 形の無いサービスを売るにはどうしたものかと悩んでいますと、人の世は良くしたもので、昔のお客様が新規のお客様を紹介してくださることになりました。コンサルを利用した立場からの紹介は、何より説得力があり、瞬く間に数件が成約になります。

 けれども、そればかりに甘んじていられませんから、積極的に営業してみました。
「お久し振りです。その節はお世話になりました。今年もコンサルは如何でしょうか」
 栗や薩摩芋を売るのとは異なる売り方が必要な筈ですが、敢えて同じ科白で案内します。するとどうでしょう、一時間も経たない間に返信のメールが入りました。

「濃くのある秋味のコンサルを御願いします」
とはありませんが、早急に見積をください、前向きに検討しますからお待ちください、との文面。かような売り方、初めての相手にはできませんよね。

西の空 大きな月が 足止める 
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-21 21:35 | コンサルサービス | Comments(0)

俺の話を聞け

 土曜の夜、楽しみにしているTV番組があります。どんなに仕事が溜まっていても、必ず観る『○○○の神様』。その前に、心の準備を兼ねるのが『△△の教室』という、強烈な権力を誇示する懐かしい先生の像と、それをはね返しながら成長する子供達の演技力に感心した後で、一発芸と言う笑い中心の番組に夢中になるのです。

 その中で、話し方が下手ながらも、人の注意を引く話題で受ける芸人が、話の前に「俺の話を聞け」と流す他人の渋い歌声。最近の流行歌など殆ど知らない白髪の旅ガラスですが、ロック調の一節が妙に心に残りまして、仲間の居る巣に戻り口にすると、それは数年前の流行歌で、続きはこうですと囁くように歌ってくれました。

 歌詞、旋律、歌声の何れが心に響くのか不明ですが、このところ、そのイントロを口にする機会が増えています。コンサルと言う仕事は、話を聞いて貰わないことには商売になりませんが、進んで話を聞いて下さる方ばかりではありませんから、そのストレスを発散する手段の一つとも言えましょうか。

 しかしながら、良く、良く、良く考えて、更にもう一度良く考えてみますと、日頃の己の姿を良く反映した言葉であることに気が付く次第です。「俺の話を聞け」とは言いませんが、それと同じ意味のことを、繰り返しコンサル先で言い続けているのですから、山彦に驚く当人であったと知りました。

栗の実の 弾ける先に 犬を遣り
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-17 00:00 | 小説 | Comments(0)

逆三角形

 昨今の犬は、家の番をする役目から開放され、家族の一員になりつつあります。仕事から帰り喜んで迎えるのは犬だけでは寂しいことですが、人の気持を読み、愛らしい眼、ふざけた寝姿で、心を慰めてくれる仲間であることに変わりはありません。

 ところが、散歩に出ればたちまち野性を取り戻し、縄張りを盛んに確認してはマーキング。その範囲を広げようと、片足を上げては少量を撒き、また先を急いでその動作の繰り返し。主の願いは、容易に叶えてくれそうもありません。それでも漸く、人の通り道を避けて、分身を投下する準備に入ります。

 それは、同じ場所を右往左往することから始まり、綺麗な逆三角形が開始の合図。不審な敵が現れないか、不安定な体勢ながらも辺りを警戒し、素早く終えると後足で土をかける仕草は立派です。投下した代物を被う筈の土が、とんでもない方向に飛んでも知らない顔して、胸を張り道に戻って来るのが犬らしい。

 その投下、普通、自宅の庭では決して見せません。食べ過ぎた緊急時、実に申し訳なさそうに植え込みに飛び込み、すぐさま逆三角形になります。その後、鼻先で土を集め、左右前後から土を掛け、完全に見えなくなるまで後始末。散歩では後足で適当に土を放った、同じ三角形とは思えない不思議です。

背広脱ぎ ネクタイ外して 夏を越す
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-16 19:25 | 随筆 | Comments(0)

嵐を呼ぶ男も困る

 その男が、泊り掛けで出張する時、その先には決まって嵐が立ち寄る。仲間は、風貌を無視して、その男を「嵐を呼ぶ男」と言うことにした。今宵も、その男は京都に向かう。果たして、新たに南海で発生した嵐が北上し、夜中には近畿地方に上陸すると言う。

 そればかりではない。その男がオフィスに座れば、静かな職場にやかましい声が降り注ぎ、静かにソロバンを弾く者、集中して企画を練る者、疲れ顔で資料を確認する者、それに電話で話す者、皆のペースを大いに乱す。その男が用事を済ませてオフィスを出れば、それこそ嵐の去った後の静かさとなる。

 その男は、訪問先でもペースを崩さない。相手が大勢であればマイクを通し、少人数であれば地声で、朝から晩まで声を枯らすこともなく、ああせい、こうせい、それがどうした、何故できぬ、こうすれば良い、と相手に息をする間も許さぬ大音量を降り注ぐ。

 その男が指導の終りを告げれば、男が降り注ぎ続けた情報の津波に、皆の脳内は押し流されて、もはや疲れや痛みを感じることもできなくなっている。それが嵐を呼ぶ男の狙いであろうとは、誰か一人くらい気が付いても良さそうだが。

馬追いを 知らぬ世代が バッタ獲り
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-13 12:09 | 小説 | Comments(0)

蜂の巣が一杯

 木材と竹に泥壁で組み立てられた日本古来の家が、その外壁を新建材や塗料に替えたせいか、屋根裏の蜂の巣が減ったような気がします。風雨を避けて、材料に古びた木材を利用して作られる、巨大なスズメバチの巣は、人間と昆虫が仲良く暮らす、共生の見える姿の一つと言えましょう。

 これを、遠くから眺める者は観察者で済みますが、その家に住む者となると、のんきに眺めてばかりはいられません。それも、一つではなく、はたまた、何種類もの巣が集結したら、寝食を忘れて生態を観察するファーブルでもない限り、組んだ腕を解いて、何らかの手を打つ気にもなります。

 先日、大きな羽音を立て、二階の子供部屋の窓の上に、基礎を構築中のスズメバチの巣が一つ、大人の拳より大きなものも含む、シャワーに似たアシナガバチの巣が屋根裏に大小六つ、それにまた、直ぐ手が届く二階台と壁の隙間をやかましく出入りするミツバチの巣が一つ。良くもこれほど揃ったものだと、呆れてしまう蜂の巣の集合を、築八十年余りの農家に発見しました。

 これは、天敵から逃れ、風雨を避け、巣を作る材料と餌が身近にあり、安心と安全を確保できることが一因でしょうが、同じ屋根の下で生活する人間には恐怖の種になります。互いに不可侵条約を結び、仲良く共存できたら素晴らしいのに、コミュニケーションの手段を知らないのが、痛いところではないでしょうか。

蜂の巣を あまた見つけて 冷やす肝
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-09 19:15 | ニュース | Comments(0)

お久し振りですね

 何年か振りに、かつてのお客さんに会う。
「確か、仕事場の一角に、ユニークな休憩室がありましたね。今でもありますか」
 予習した訳でもないのに、現場で眼にした気になる光景は、直ぐに想いだす。むしろ、聞かれた方が、想いだすのに時間が掛かる。
「ああ、あれですか。良く覚えていますね。今は、喫煙室にしていますよ」
 遠路の来社に手土産を探すが、身近にあるのは出版物くらい。
「この本、タイトルが良く判る本ですから、眠れない時に開いてください。すぐ睡魔が迎えに来る、それが良く判る筈です」
 お礼の言葉を捜すお客さんの顔が、妙な解説に晴れたり曇ったり。
「ところで、毎回、HPの呟きを読ませて貰っていますが、うちの会社のこと、話題になりませんね」
 推測するのは読み手の勝手ながら、どこの出来事か文中で判るようではいけない。事実にヒントを得ながら、ありそうな想像の世界を作り出し、多くの方の共感を得るのが狙いである。
「それでは、遠慮なく取り上げましょう。ISOマネジメントシステムを導入され、成果が上がったこと、大いに触れましょうか。それに、法律を守る体制が強化されたこと、更に、従業員の意識が向上したことも」
 こうして、先日の一言が、HPに取り上げられるきっかけになるとは、口にした本人はもとより、まとめる筆者も驚きを隠せない。

公約も こう薬ほどに 効くと良い
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-06 00:30 | コンサルサービス | Comments(0)

ふしぎな葉

 ある日、名前を知らない葉が一枚、食卓の皿の中で、水に浮かんでいました。やがて、その葉の端から、小さな双葉が数箇所出てきます。何とも不思議な葉を裏返してみると、そこには毛根が出ていました。種から根が出て芽が出ると思い込んでいましたから、葉から根が出て芽が出る不思議に、心を強く打たれます。

 皿の中の葉ですから、それ以上の成長は望めませんが、屋外であれば、親の姿にまで育つことでしょう。並みの葉であれば、親から切り葉はされたところで、枯れて腐るしかないところ、この葉には一枚一枚に植物として完結する機能が隠れているようです。

 木の葉を札に変える不思議な術を持った狸ではありませんが、この葉の不思議な機能を、生かさぬ手はありません。麦、稲、芋の葉に、その機能を移植できれば、葉から根が出て芽が出て実を付け、充分過ぎる穀物を手にすることができるようになるでしょう。

 皿の葉を眺め、食糧難を解決する画期的な想像の世界に浸る時、現実に引き戻す吠えが聞こえます。既に散歩の準備体操を終え、主人の身支度が終るのを待つ番犬、まずは身近な問題を解決した後にしてくれと、動かない主に呆れ顔して訴えているのでした。

一葉も 水に浮かべば 芽と根出し
[PR]
by tabigarasu-iso | 2005-09-04 13:09 | 問題解決 | Comments(0)