ブログトップ

白髪の旅ガラス

真昼のファミレス

 その昔、レストランに入る人の顔が輝いて見えたものです。その前を通り過ぎる度、いつか家族で立ち寄りたいと思わないことは一度もありませんでした。


 一次産業から三次産業に仕事を変えてから、休日には家族で利用することも可能になりましたが、平日にレストランを利用した記憶はありません。


先日のこと、正月の食事作りに疲れた人の救済に、平日のレストランに立ち寄る機会がありました。中に入ると高齢の方ばかりでしたが、たまには自宅を離れ、親しい仲間とお喋りしながら食事することは良いものです。


それには、メニューの安さは欠かせません。水やお茶はセルフサービスながら飲み放題、ランチはワンコインに近い値段ですから、これを利用しない手はないようです。


餅に飽き 盛ソバ頼む 元青年


[PR]
by tabigarasu-iso | 2018-01-13 17:00 | 随筆 | Comments(0)