ブログトップ

白髪の旅ガラス

メンバーとして評価され

 審査員は、審査する組織から審査態度や審査内容を評価されます。審査リーダーはもとより、審査メンバーも評価され、その結果を見て安心するか、首を傾げるか、残念に思うか、疑問に思うか、気にしないか、何れかに落ち着く。


ある組織で審査メンバーを担当した時の評価が届きました。担当者のヒアリングでは、分かり易い言葉・表現でポイントをうまく聞き出していただき、非常に参考になりましたとのコメントがあり、大変有難く、生き甲斐になります。


ところで、審査員の評価は、大変良いA、良いB、改善を要するC、悪いDの四段階。コメントの何もないAは、参考にはなりません。大変良いなら、何が大変良いのかコメントが必要でしょう。さもなければ、審査員の生き甲斐やレベルアップにはならない。


ところが、CDの評価には必ずコメントがあります。何もコメントがなければ、審査員は無視することでしょう。また、改善しようにも改善する箇所が不明であり、悪い点が何か分からなければ反省しようもない。


かつて、D評価を一度だけ頂戴したことがあります。審査員を評価する事務局に対し、トップから歯に衣を着せないコメントを要望され、その場で正直に回答した結果でしたから仕方ありません。


漬物に 相手があれば 旨い酒

d0052263_11152318.jpg



[PR]
by tabigarasu-iso | 2017-12-27 10:00 | ISOマネジメント | Comments(0)